キャンプ道具 釣り

【レビュー】リーズナブルでハンズフリーな熱中症対策・暑さ対策グッズ

更新日:

夏の猛暑でも熱中症対策・暑さ対策をしながら快適にアウトドアを楽しみたい!
できれば値段も安くてハンズフリーで涼しくなる対策グッズがあればいいなぁ。

と思ったことはありませんか?

 

本記事では、猛暑に大活躍間違いなしの熱中症対策・暑さ対策グッズについて解説・レビューしていきます。

 

◇記事の内容◇

◾️アウトドアに最適なハンズフリーでリーズナブルな暑さ対策グッズ

◾️アウトドアで実際に使ってみた

 

この記事を書いている筆者は釣り歴20数年、キャンプにも毎年欠かさず行っているアウトドアフリークです。が、夏の暑さ対策には毎年悩まされているわけですが、今年から取り入れてみて、筆者自身も周りからもかなり好評な対策グッズをご紹介します。

 

アウトドアに最適なハンズフリーでリーズナブルな暑さ対策グッズ

アウトドアの暑さ対策に求めるもの

釣りやキャプといったアウトドア全般に共通して求められる暑さ対策の条件は次の通りです。

・軽い

・バッテリーの持ちが良い

・邪魔にならない

 

キャンプや釣りは当然動き回ることが多くなりますので「軽い」に越したことはないですし、朝から晩まで基本外にいますので、その間バッテリーの持ちが良い方が嬉しいです。

加えて筆者が重要視しているのは「邪魔にならない」ということです。

 

例えば、小型のミニ扇風機などは確かに小型でバッテリーの持ちも良いかもしれませんが、釣りをするにもキャンプをするにも、片手でミニ扇風機を持ちながら作業すのは正直しんどいです。

そこで今回選んだアウトドア(主に釣りとキャンプ)の熱中症対策グッズは「軽い」「バッテリーの持ちが良い」「邪魔にならない」という3つの基準と、さらにコスパも意識して選んでみました。

 

首からかけるだけ&スタイリッシュな簡単対策グッズ

それでは早速ですが、今回購入して大正解だった暑さ対策グッズはこちらです。

なんか近未来な感じがするような、おしゃれでスタイリッシュな感じ出てますよね。

何と言ってもこのアイテムの最大の特長は、首から下げるだけなので両手が自由に使えるということです。

まずはスペックを見てみましょう。

 

《スペック》

重量 160g
バッテリー USB充電式
使用時間 最大連続使用時間6時間
風量 3段階(微風・弱風・強風)

首に掛けていてもさほど気になる重さではないし、バッテリー持ちも常につけっぱなしという使い方はしないので十分だし、外している時にモバイルバッテリーで充電することもできるので問題なし。

何より両手がふさがることなく自由に使えるのが最高だし、2つの扇風機部分は角度を自由に変えられるので、風を向けたい方向を自分好みにカスタマイズして使えます。

 

商品内容

商品が入ってる箱はこんな感じ

 

マグネット式の蓋の様になっている部分を開けるとこんな感じ

 

内容物は①首かけタイプ扇風機、②充電用USBコード、③ヘアゴム、④取扱説明書、⑤保証書

 

シンプルだけどしっかりしている印象です。

首かけ部分とファン部分の間の細くなっているところが、自由に曲げて使うことができる部分です。

実際に首にかけてみた第一印象は、意外と顔の近くにファンがあって気になる感じがしましたが、ファンを回して使用しているとすぐに慣れてしまいました。

 

空調服も気にはなるけど・・・

洋服についた小型ファンで、洋服の中に風を起こして体を冷却する「空調服」も欲しいとは思っているものの、信頼できそうなものはお値段が15,000円~20,000円と、購入にはちょっと勇気のいる値段なんですよね。。(めっちゃ欲しいけど)

 

その点この首かけタイプの扇風機なら値段もリーズナブルだし、たとえワンシーズン毎に買い換えることになったとしても十分満足できるお値段なのも嬉しところ。

空調服、めっちゃ気になるのは間違いないんですが・・・やっぱりコスパでは首かけタイプの扇風機に軍配が上がりますね。

 

従来の対策と組み合わせると最強だった

筆者の今までの暑さ対策と言えば、もう20年近くもずっと愛用している「uno クールボディミスト」と、水を含ませると冷却効果が生まれる「冷却タオル」がメインでした。

でも「uno クールボディミスト」はいつの間にか販売終了しちゃったので、今はクールボディミストと同じ様に缶じゃないスプレータイプのコレ↓を使っています。

 

冷却ミストタイプはもう試す前から結果はわかっていましたが、やっぱり効果は絶大!

涼しいを通り越してもはや「サムイ」です。w

猛暑で火照った体を冷やすには、「冷却ミスト」と「風」が間違いなく最強の組み合わせです。

 

冷却タオルも首に巻いて首かけタイプの扇風機と一緒に使うと、どちらか一方のみの使用時と比べると明らかに冷却能力は向上していることがわかりました。(こんな感じのヤツ↓)

両手が塞がらないもの同士の組み合わせであれば、他の暑さ対策グッズと相乗効果が期待できるのも首かけタイプの扇風機の良いところです。

今までの実績を信頼して愛用し続けている冷却ミストの効果もさらにグンと上がりました。

 

 

アウトドアで実際に使ってみた

釣り:普通にキャストもランディングも可能

筆者の愛してやまないバス釣りで首かけタイプの扇風機を試してみましたが、想像以上に気にすることなく普通に釣りができました。

初めて首に掛けてみた時は、動き回った時にズレて邪魔になるんじゃないかなと心配だったのですが、キャスティングはもちろん、通常のランディング程度であれば全く問題ありませんでした。

ただし、キムケン並みの激しいフッキングをする方は、もしかしたら「うぉりゃ~!!」の時に手が扇風機に当たってしまうこともあるのかもしれませんねw

 

キャンプ:ほとんどの動作で使えるが・・・(焚き火の煙はファンが吸って顔にブワッ)

キャンプはバトニングや料理など、下を向いて作業することが多くなりますが、ほとんどの作業でズレが気になったり、邪魔だなぁと思うことはありませんでした。

これで夏の焚き火も汗だくにならずに顔面は涼しく過ごせます。

 

しかし!!

扇風機の向きは、自分の正面の空気を吸い込んで風を起こすような方向を向いています。

焚き火をする時は風向きをきちんと確認しないと、扇風機が煙を集めて顔面に勢いよく噴射する煙の顔射システムとなり得流ので、注意が必要です。

それさえクリアできれば、机の上において使うこともできるし、就寝時にテント内でおいて使うことも出来るので、キャンプとの相性も抜群ですよ。

 

巻き込み要注意⚠️

これからの暑さ対策に大活躍してくれそうな首かけタイプ扇風機ですが、髪の毛が長い方はファンに髪が巻き込まれないように注意して使用する必要があります。

購入時に髪留めのゴムが同封されていることからも、注意が必要なことがわかります。

レビューにも髪が巻き込まれて怖い思いをした方がいるようでしたので、女性や女の子、ロン毛のメンズは、髪の毛が巻き込まれないように注意して使用するようにしましょう。

 

 

まとめ

夏はいくつになっても頻繁に野へ出かけたくなる衝動に駆られるシーズン。

楽しいはずのアウトドアが、猛暑による熱中症等で残念な思い出にならない為にも、より快適に屋外活動ができるようにする為にも、しっかりと暑さ対策をしたいものですね。

今回ご紹介した首かけタイプの扇風機は、扇風機で涼しい風を受けながらも両手が自由に使えるので、うちわの様に手で持つ必要もなくとても便利に快適に過ごすことができ、まさにアウトドアに最適な暑さ対策グッズです。

しかしこれだけでは熱中症を完全に防ぐことは正直難しいと思いますので、こまめに水分補給をしたり適度に日陰で休息したりしながら、安全第一で真夏のアウトドアライフを楽しみましょう。

   

-キャンプ道具, 釣り
-,

Copyright© ココロカラ, 2020 All Rights Reserved.