キャンプ道具

台湾アウトドアショップ巡りで見つけた【台湾ご当地キャンプギア】

更新日:

週末やちょっとした連休でいける近くて安い国《台湾》で、ブラブラ散策しながら立ち寄ったアウトドアショップと、手に入れた台湾ご当地キャンプギアをご紹介します!

いや〜しかし、まさか女子旅に人気のあのスポットに嬉しいキャンプギアがあるとはねぇ(o´艸`)

 

(上の写真良くないですか??雨上がりの奇跡の一枚です(*´∇`*))

 

台北市内でアウトドアショップ巡り

台北市内をブラブラしながらアウトドアショップアウトドアで使えそうなものをチェックしてきました(*´∇`*)

日本のブランドもたくさん販売されていましたが、日本ではあまり見かけない韓国や台湾のアウトドアブランドもあって新鮮でした。

※台湾の地下鉄(MRT)は日本の地下鉄とそっくりで、まるで日本にいるかのように乗り換えも簡単でストレスフリーです。

ただ、楽しくてあっちもこっちも歩きすぎちゃうから、足が棒になるのもセットですので辛い。。ヽ(;▽;)ノ

 

城市緑州

御茶ノ水のヴィクトリアのようなイメージのこのお店は、広めの売り場が2フロア。

品揃えは、日本のアウトドアブランドをはじめ、台湾、中国、韓国など、世界各国のアウトドアギアが並んでいました。

 

そんな中、バーナー類は台湾でもMade in JAPAN🇯🇵のPRIMUSが一番幅を効かせていて、日本人としてなんだか嬉しくなりました(*´∇`*)

でも、せっかく海外にきたんだから、日本ではあまり見ないギアの方が見たかったりしますよね。

 

ということで、こちらのお店では一目惚れした台湾メーカーのガスバーナーを購入しました。

この商品のお値段は810NT$(執筆時点:1NT$=約3.6円)なんですが、なんと!たまたまセールになっていて650NT$で購入することができました!(支払いはApple Payでピピッと)

日本円で約2,350円くらい、いや〜良いお買い物でした(*´∇`*)

(店員さんが皆エラく無愛想だったんですが・・・店員さんもキャンプに行きたくてウズウズしてたのかな?)

 

  • 住所:台北市中山區中山北路一段21號
  • TEL:(02)2564-3702
  • 営業時間:11:00〜22:00 年中無休
  • クレジットカード可

 

 

登山友

城市緑州から徒歩5分のところにあるので、その足でハシゴしてみました。

城市緑州が御茶ノ水のヴィクトリアなら、登山友は神田小川町のスポーツ用品街って感じでした(江戸っ子のローカルな話ですみません。。)。

 

台湾で街を散策していると、いたるところにちょっとおかしな日本語が存在しているんですが、ここ登山友にもオモシロ日本語ありましたよ!

『塩の』っ!!

Salt Candyって書いてあるからまぁきっと塩キャンディなんだろうとは思いますけど、「塩の何なんだよ(笑)」って気持ちになるのは私だけでしょうか。

 

創業者?って感じのオーラ出してるおじいさんが中国語オンリーの接客で話しかけてきてくれましたが、筆者が知っている中国語は「謝謝」オンリーなので何て言っていたのかまるっきりわかりませんでした。

大体の人は筆者でもできるような簡単な英語が通じるので、特に困ることはないんですが、相手が全く英語使えないとコミュニケーションは難しいですね。。

あ、でもお店の奥には流暢な日本語をしゃべってくれるおじさんもいましたよ。

 

  • 住所:台北市中正區中山北路一段20號
  • TEL:(02)2311-6027
  • 営業時間:12:00〜21:30(日曜日のみ18:00まで) 年中無休
  • クレジットカード可

 

 

穴場は台北の問屋街【迪化街】

迪化街(ディーフォアジェ)は、浅草の合羽橋と上野のアメ横をMIXしたような問屋街です。

美味しい食材や掘り出し物の調理道具が、モノによっては日本よりもずっと安く手に入ります(*´∇`*)

片っ端から順番にお店を覗いてきましたが、結構足にくるので所々カフェ休憩する場所をチェックしておいたほうが無難かもしれません。

 

永興農具工廠

鉄製の鍬や鎌などの農機具から、木や竹製のキッチングッズまで取り扱っているお店です。

迪化街には鉄器を扱っているお店もいくつかありましたが、ここは店名に「農具」と付いているだけあって、農業に使えるような鉄器を前面に押し出してありました。

あと蒸籠もたくさんあって、使い方もわかってないくせに試しに1つ購入してみました(笑)

 

そしてそして、キャンパーに嬉しい火バサミ炭スコップスキレット類もたくさん置いてあって、嬉しくなってついついはしゃいじゃいまして・・・謎の火バサミドヤ顔キメちゃってます。。

あそうそう、この日はあいにくの雨空だったので筆者はお気に入りのモンベル《ストームクルーザー》を着ていたのですが、店主のおじさんもモンベルのフリース着を着ていたので嬉しくなってついつい満面の笑みで「セイム、セイム!」と出来ない英語で話しかけてみたところ、なんと竹のみで出来ているトングをおまけしてもらっちゃいました(*´∇`*)

やっぱり笑顔は国境を越えますなぁ。

 

  • 住所:台北市大同區迪化街一段288號
  • TEL:(02)2553-6545
  • 営業時間:8:30〜18:30 年中無休
  • 現金のみ

 

 

高建桶店

創業約100年の老舗だそうで、カゴバッグがとっても有名らしく、日本でも雑誌などによく取り上げられています。(事前に買った「るるぶ」にも載ってました(笑))

お店には日本から来ている女性が沢山いて、真剣にお目当てのカゴバッグを選んでおりましたが、筆者はカゴバッグには目もくれず、店内の木製キッチングッズを物色してきました。

木製カトラリーの種類も豊富で、日本で購入するよりも随分安く買うことができるので、ついつい長居してあれやこれやと手に取ってしまいます。

店内はさほど広くはないのですが、所狭しと並べられた商品に夢中になり、気がついたらかなりの時間を使ってしまうので要注意です。

  • 住所:台北市大同區迪化街一段204號
  • TEL:(02)2557-3604
  • 営業時間:9:00〜20:00 年中無休
  • 現金のみ

 

 

 

台湾で手に入れたキャンプギア

それではいよいよ足を棒にしてたくさんのお店を巡って手に入れた物の中から、キャンプで使う用に入手したギアをご紹介します!

 

ガスバーナー

こちらは城市緑州で購入した、台湾のアウトドアブランド「WEN LIANG」のシングルバーナーです。

火力調節つまみと点火スイッチレバーが長いのが特徴的です。

冬で手がかじかんでいる時などに、小さい点火スイッチを押すのがやりにくいと感じることもあったのですが、これならレバーを押し下げるだけなので、どんなに手がかじかんでいたとしても簡単に点火することができそうです。

 

火バサミ

この火バサミは永興農具工廠のモンベル仲間のおじさんから購入しました。

作りもしっかりしていて、お菓子を包むフィルムもしっかり掴める先端の噛み合わせの良さにニヤニヤしてしまう程です。

ただ、やっぱり持ち手部分が寂しいので、テオゴニアのファイヤープレーストングのような持ち手を作ろうかと画策中です。

しかしこれで250NT$(約900円)は安い!

 

炭スコップ

こちらも永興農具工廠のモンベルおじさんのところで購入しました。

実は今まで炭スコップは持っておらず、「買おう買おう」とは思っていたものの、必要な時には他のもので代用していました。

今回の旅でついに手に入れることができました。謝謝(*´∇`*)

この炭スコップ、お値段なんと!!150NT$(約550円)なんです!!

 

すり鉢

・・・何に使うんでしょうね(笑)

どうやって使ったらいいのか、何の料理を作ることができるのか、今のところ想像もできません。

ただ、なんか雰囲気でそうな気がして・・・どうやって使うのかなぁ。。

こちらはカゴバッグで有名な高建桶店で250NT$(約900円)でした。

これを使用した料理知っている方がいらっしゃったら教えてくださいヽ(;▽;)ノ

 

 

まとめ

迪化街では記事でご紹介したキャンプギア以外にも、普段使えそうなカトラリー類やキッチンで使えそうなアイテムも安く手に入れることができました!

アウトドアショップもたくさんあって、普段見慣れないブランドにもワクワクしてきますが、なんと言っても一番の醍醐味は問屋街で「あ、これキャンプで使えるかなぁ」って色々物色する楽しさがたまらんかったです。

でも実は、、一番行きたかったアノお店(台北市の東の方にある)に行けなかったんですよね。。

今度は台湾キャンプなんかもいいなぁ(*´∇`*)

 

   

-キャンプ道具
-, ,

Copyright© ココロカラ, 2020 All Rights Reserved.