キャンプ道具

夏だ!バーベキューだ!すぐにでも揃えたい便利なBBQギア10選

更新日:

自然の中でのBBQ。
ゆったりと流れる非日常の時間。

そんなBBQで大活躍間違いなしのBBQギアをチェックしてみましょう!
これで周りから一目置かれること間違いなし!

 

【グリル】:「重い」「洗うのが大変」は過去の話!?楽チン使い捨てグリル

BBQグリルって、重くて洗うのが大変なイメージないですか?
そんなイメージはもう過去のものとなってしまいました!

出典:Amazon

使い捨てできる組み立て式グリル
CASUS GRILL

重量なんと1Kg!!
今まで汗だくで運んでセットして洗っていたあの作業はなんだったんだろう。。

燃焼時間も1時間以上もつので、十分BBQを堪能できますね。
なんてったって最後の「洗い」がないのは神!
手を汚さずにそのまま捨てることができるので、今まで片付けに当てていた時間も他のことに使えそうですね。

手軽に簡単にスタイリッシュなBBQを楽しむには最高のアイテムです!

超楽!!
夏祭りイベントで3つ並べて一気に焼肉しましたが、1時間後でもまだ十分熾火状態でした。
30名で次々肉や野菜を焼いてもヘタレなし。後始末も楽で今後のキャンプはもうこれさえあれば火起こしのストレスから解放されます。
出典:Amazon

 

 

 

【タープ】:日差しから身を守るにはやっぱり遮光性のあるものが必須

どんのすけさん(@donnoske)がシェアした投稿 -

照りつける日差しの中でのBBQはいいものですが、やっぱり日陰があるのとないのとでは大違い。
特に遮光タイプのタープなら効果絶大です。
夏場は特に遮光性の高い色の濃いものを選ぶと、よく熱を吸収してくれるでしょう。
降り注ぐ灼熱の太陽から身を守ってくれますし、周りからの目隠しとしてプライベートな空間を演出することも可能です。
タープで参加者を守って上げましょう!

河原でタープを立てて川遊びをしましたがすごく快適でしたよ
重くもないし、撤収も簡単です
Proだとしっかりと太陽光を遮蔽してくれます
初心者で設営に不安で悩んでおられるかたもいらっしゃると思います
私もそうでした(笑)
綺麗に設営できるようになるには2.3回設営が必要で最初はモタモタしてちょっと恥ずかしい思いをするかもしれませんが、コツをつかんだらすぐに設営できるようになります
持ち運びも簡単です
是非挑戦してみてください
真夏の日差しの下でも日傘なしで快適に過ごせてイスがあればお昼寝もできますよ
出典:Amazon

 

 

 

【ペグ】:付属のペグしかないって!?現地で残念な思いをしない為にも…

テントやタープに予めついているペグは、どうしても抜けやすかったり曲がってしまったりします。
そもそも備え付けのペグはあくまで”おまけ”で、本来は別途購入するものと考えた方がいいでしょう。
材質や長さなど、どんな場所で使うのかシチュエーション別に使い分けするのがベストです。
砂場や砂利の多い河原等で使う時は、特に長いものを選ばないとすぐにペグが抜けてしまい、タープを立てることが困難になりますので注意が必要です。
初心者ほど注意がおろそかになりやすい部分ですが、当日、フィールドであたふたしない為にも、たかがペグと思わずにしっかりと選びましょう。

良く比較される某著名メーカーの物も持ちつつですが、購入してみました。
正直どちらが優れているかについては微妙なところだと思いますが、
微妙な形状の違いからか、こちらの方が打ち込みやすい気はします。
この辺は個人の感覚による部分かもしれませんが、、、
とりあえずテントやタープの付属ペグしか持っていない方ならば、
砂利から砂地まで、この8本1セットを持ってていれば安心なのは間違いないかと思います。
出典:Amazon

 

 

 

【パラコード】:キャンプからアクセサリーまでこなす万能ロープ

knotenさん(@knoten_knoten)がシェアした投稿 -


「パラコード」とはパラシュートコードの略で、強度・細さ・軽さに定評があります。
テントやタープを固定するためのロープをガイロープと言いますが、パラコードはガイロープにぴったりなんです。
その他にも何かを吊るしたり、アクセサリーとして使用する等、様々な使い方ができます。
BBQでお洒落にパラコードアクセサリーを身につけておくと、例えばタープのガイロープが切れてしまった時にアクセサリーを解いてガイロープとして使うこともできるのです。
パラコードを使ったロープワークを覚えておくと、特にいざという時にとっても役に立ちますよ!

普段は秋葉原の有名ミリタリーショップにて毎回購入していましたが
結果的にはこちらの製品の方がパラコードとしてのクオリティーは良かったです。
この製品は本当に中の芯が9芯あります。それだけでなく外側のポリ繊維だけでもかなり丈夫そうです。
芯線のナイロン繊維はいつも購入しているモノと比べると「約2倍」でした。
「今まで何だったんだろう。。。」と正直に思ってしまいました。
秋葉原に出掛ける為の時間や手間、電車代を毎回仕方がないと思っていましたが
今後は「Amazonで購入」で十分なんだと確信しました。
当然のことですが、ポリ及びナイロン繊維線なのでライター等で先端を溶かしておかないと
先端からパラコードがバラけてきますので保管の際も気を付けて置いた方がいいです。
出典:Amazon

 

 

 

【ベンチ】:チェアとしての機能はもちろん、おしゃれなインテリアにも

KAEggさん(@kaegg)がシェアした投稿 -


フィールドについてまずすることといえば、荷物運びです。
そんな時にあると便利なのが”ベンチ”です。
地面に直接起きたくない荷物がある時、サッと広げてとりあえずの荷物置きに早変わり。
もちろんチェアとしての昨日はいうまでもありませんが、最近のアウトドアチェアは普段使いのインテリアとしてもオシャレな雰囲気を演出してくれるのも良いですね。

おしゃれです!
素敵だなと思ってた商品がどこよりも安く買えたと思います。ベランダで友達が集まる時に使いましたが、使わない時も部屋に置いていてもインテリアに馴染んで良いです!
出典:Amazon

 

 

 

【キャリーワゴン】:重い荷物はスマートに運ぼう

サンサンと降り注ぐ太陽に照らされながらの荷物運びは、さすがに堪えますよね。。
そんな悩みが無くなるのがこのワゴンです。
物はたくさん運ぶことができるし、ちょっとやそっとの悪路ではビクともしません。
オプションで天板をのせればテーブルにもなる優れもの。
BBQ、キャンプには必須アイテム間違いなし!

バーベキューコンロと小物、机、椅子、テント(2.5mx2.5m)を入れると満タンになりました。
動きはスムーズで、非常に楽に荷物運びができました。
キャンプ、バーベキューでの移動には必須だと思います。

子供を乗せて走り回ると、大喜びします。非常に疲れますが・・・
出典:Amazon

 

 

 

【クーラーBOX】:BBQの醍醐味、キンキンに冷えたドリンクで乾杯しよう

rawpixel / Pixabay

BBQに欠かせないものといえばコレ!
キンッキンに冷えた飲み物!!
クーラーボックスに氷を入れていざ出陣。
保冷力と値段が比例することが多い為、お財布と相談だ。

とにかく画柄がとても良く気に入っています
BBQの時に置いてあるだけで他の人達に比べレベルが違うんだよ!
出典:Amazon

 

 

 

【チェア】:大自然の中でくつろぎの空間を

出典:Amazon

ゆっくりくつろげるお気に入りの一脚に腰掛けながら、ビールをプシュッと。
自分だけのお気に入りチェアさえあれば、どこでも快適な空間に早変わり。
自然の中で椅子に座るだけで、なんでこんなにも気持ちがいいんだろう。
椅子はケチりたくないギアNo.1!

ネットやレビューを参考に購入しました。寝落ち覚悟で座らないと後悔します。コンパクトチェアーにはない座り心地、リビングでもお外でも満足できます。収納サイズはやや大きいサイズですが、平積みできるので2台購入しましたがあまり気になりません。買ってよっかった商品です。
出典:Amazon

腰痛がきになる方はこちらもどうぞ↓

【腰痛持ちキャンパー必見】腰に優しいチェア3選

ピキッ!!・・・おわた。。 腰痛持ちの気持ちは腰痛持ちにしか、わかりませんよね。゚(゚´Д`゚)゚。 もう軽く10年以上は腰痛に悩まされている腰痛持ちキャンパーの私が、私と同じ悩みを持つ腰痛持ちキャン ...

続きを見る

 

 

 

【テーブル】:大は小を兼ねる

Zimmy's Nookさん(@zimmysnook)がシェアした投稿 -


気がつけばすぐにテーブルいっぱいに物がw
飲み物、お皿、調理スペース、コンロ・・・必ず思ったよりもスペースを必要とします。
BBQではなるべく大きな物を選んだ方が失敗しません!
そしてできれば軽い方が間違いなく楽チン!

少人数なら4人掛けテーブルや調理用ミニテーブルがあれば事足りますが、
友人家族同士等になるとさすがに足りなくなるので、本品のようなロングテーブルがあれば非常に助かります。
普段から大人数でキャンプやBBQをされる方にオススメしたい一品だと思います。
出典:Amazon

 

 

 

【スピーカー】:音楽があれば盛り上がること間違いなし

野外で聴く音楽というのもテンションを上げてくれるグッズの一つ。
お肉を焼いて食べながら、お酒を飲みながら、語らいながら流れてくる音楽は、その場の雰囲気を最高に盛り上げてくれることでしょう。
ただし、周りの迷惑にならないように音量には要注意。

バックパックに付けて自転車やインラインスケートで遊ぶ時に使用しています。
また、バーベキューにも使用しています。いいね、と言われます。
ペアリングは簡単で、問題ありません。
音質は良いです。音量が意外に大きな音まで出ますが、日常使用では最大音量で使用する機会は少ないと思われます。
距離はカタログ通り10mくらい飛びます。
防水、防塵性は怖くて試していませんが、USBの充電差込口が堅牢なのできっと耐えてくれると思います。
野外等に携帯して使用したい人にオススメです。
出典:Amazon

 

 

 

※番外編:「手ぶら派」はこちら

都会でのBBQを手ぶらで楽しみたい
運転手は飲めないのは嫌だ
手を汚したくない
重い荷物は運びたくない

そんな都会派のあなたにはこちらのサービス
食材や飲み物はもちろん、場所取り・設置・片付けまでお任せ!

当日、強風の中場所取りから設置、片付けまでありがとうございました。 スタッフの方も笑顔で電話一本で駆けつけて対応してくださりとても嬉しかったです。 そのおかげで楽しい時間を過ごすことが出来ました。 またバーベキューをする機会があれば弊社様を利用したいと感じました。 本当にありがとうございました。
出典:★手軽にBBQ.com★

 

 

 

まとめ

ひとくちに『BBQ』と言っても、そのスタイルは十人十色。

山でのBBQ、海でのBBQ、河原、キャンプ場
一人、二人、10人、100人

いずれにしても
大自然の中で火を起こし飯を食らうこと、友と語り合うこと、自然と一体となることにワクワクがとまりませんね!

そんな非日常を心地良く演出するアイテムは見つかりましたか?
是非あなただけのスタイルを見つけてみてください。

 

   

-キャンプ道具
-

Copyright© ココロカラ, 2020 All Rights Reserved.