キャンプ道具

はじめてのテントはどっち?「自立式テント」と「非自立式テント」

更新日:

テントには「自立式テント」と「非自立式テント」があるのをご存知ですか?

テントを購入しても、そのテントを張る場所の地質やスペースによっては「設営できない」なんてこともにならないように、これからキャンプをはじめる初心者キャンパーさんはテントの購入前に確認しておきましょう!

 

「自立式テント」と「非自立式テント」の違い

タッキーB
まずはそれぞれにどんな特徴があるのか、その違いについて見てみよう!

 

自立式テント

ポールを通すことによってテントに張りを持たせ、ペグや張り綱がなくてもテントの形を作ることができます。
ペグや張り綱なしでもポールを使うことでテントが「自立」することから「自立式テント」といいます。
ペグや張り綱は、風で飛ばされることのないように補助的な役割として使用します。

 

 

非自立式テント

そもそもポールを通すところがなかったり、ポールを通したとしてもペグや張り綱で地面などに固定しなければテントの形を作ることはできません。
ペグや張り綱なしではテントが立たないことから「非自立式テント」といいます。

 

 

「自立式テント」のメリット・デメリット

 

⭕️メリット

  • ペグを打ち込みにくい場所でもテントを立てることができる
  • 簡単に設営後のテントを移動できる(持ち上げて動かせる)
  • 悪天候(強風とか)に強い
  • 初心者でも簡単に設営できる

 

❌デメリット

  • 非自立式テントに比べて多くのポールが必要になる為、収納は大きく重くなりがち
  • ポールで形が決まっているのでアレンジがしにくい

 

 

 

「非自立式テント」のメリット・デメリット

 

⭕️メリット

  • 自立させる為のポールはないので、収納がコンパクトで軽量
  • おしゃれな形のテントが多い
  • 物によってはアレンジを加えて使うことができる
  • 慣れれば一人で短時間での設営が可能

 

❌デメリット

  • ペグが刺さりにくい場所などでは設営が困難
  • テントの移動が困難(設営場所を変える際は、一度テントを畳む形になる)

 

 

 

初めて購入するならどっちが良い?

一般的に自立式テントは初心者向け非自立式テントは上級者向けと言われています。

筆者がどちらのテントも使ってみて思うことは、登山ではなくキャンプで使うのであれば最初のテントはどちらでも良いと思ってます。

 

初めてテントを立てる初心者キャンパーなら、どっちのテントを買っても初めての設営にはそれなりに時間が掛かりますが、2回目以降は勝手が分かっている分段々と設営スピードは上がってくるので、はじめは1時間かかろうが全然心配しなくて大丈夫です。

そもそも設営が困難で組み立てられないようなテントなんて筆者は見たことがないですし、キャンプデビューは野営ではなくキャンプ場で迎える人が大半でしょうから「ペグが刺さらない!」なんてことも少ないと思うんです。

もちろん石がロゴロゴしてる河原や、砂地のようなペグの刺さり難いところでキャンプデビューするのなら自立式テントの方が設営はしやすいので、初めてのキャンプをどんな地面のところでするのかをチェックしてから選んでも良いかもしれないですね。

ばっすん
きっとまたすぐに他のテントも試してみたくなるよ!

 

あ、でもテントに付属のペグとペグハンマーは基本使い物にならないと思っていた方がいいです!

プラスティックだったり、アルミのすぐにグニャッと曲がるようなペグだったり、刺さり難いし抜けやすいしってのが普通なんです・・・残念なことに。

ベテランキャンパーは新しいテントを購入しても付属のペグとハンマーを1度も使用せずに、別途用意してあるものを使う人が多いですね。(というかそういう人しか出会ったことない。。)

ペグペグハンマーだけはきちんとしたものを別途用意しましょう!

 

・・・で、自立式か非自立式、どっちを買えば良いかの結論!!

『初めてのテントは見た目と直感で選ぶべし』

タッキーB
直感に勝る理由なしや!

 

 

 

「初めてのテント」はこれが人気

「テントは見た目と直感だ!!」って言っても、なかなかどんなテントが良いのかイメージがわかないですよね?

そんなあなたの為に

初心者でも簡単に設営ができて、どこのキャンプ場に持って行っても失敗しないベテランキャンパーも愛用するテントをご紹介します!

 

自立式テント

初めての自立式テントには、広い前室が特徴のスノーピーク「アメニティドーム」や、ゆるキャン△でお馴染みの軽量で設営が簡単なモンベル「ムーンライトテント3型」あたりをチョイスする人が非常に多いです。

どちらも大人気ですが、初心者に限らずベテランキャンパーの愛用者が多いことからも、両テントがいかにデザイン性、機能性に優れているのかがわかりますよね!

初めてのテントにこのどちらかを購入すのであれば、まず間違いないですね!

 

 

非自立式テント

最近非自立式テントから始めるキャンパーも増えていますが、その理由の一つとしてテンマクデザイン「PANDA」の大ヒットがありそうです。

ソロ用サイズなので軽量かつコンパクトに収納できる「PANDA」は、ソロキャンパーや女性キャンパーから絶大な支持を得ていて、初めてでもオシャレにキメたいあなたにはぴったりのテントです!

2人で使用するならエクステンションフレームがついて入り口の雨も凌げる、コールマン「エクスカーションティピー325」がオススメ!

 

 

まとめ

はじめてのテントは「自分が使ってみたいと思うものを使ってみればいい」んです。

自立式テントは居住性に優れている、非自立テントはオシャレで雰囲気重視、というイメージですが、どっちを購入したとしても自分で購入したテントは使っているうちに愛着が湧いてくるし、最初は30分以上掛かっていた設営も20分でできるようになり、自立式であっても非自立式であってもどんどん上手になっていきます。

お気に入りのテントを設営して、自然の中で相棒(テント)と過ごす時間は最高ですよ\(//∇//)\

 

もしアレコレ迷ってしまってなかなかはじめてのテントを選べない場合は、より設営にかかる手間が少ないものを選ぶと良いと思います。

設営の手間が少ないテントだと「テント設営が億劫だからキャンプに行かない」なんてこともなくなって、よりキャンプに出かけやすくなりますよ(*´꒳`*)

実際にテントを使ってから購入を決めたい慎重派の方は、レンタルテントサービスで色々試してみるのも良いかもしれませんね!

 

これからキャンプを始めるあなたに、素敵なテントとの出会いがありますように ☆彡人(´д`;)

   

-キャンプ道具
-,

Copyright© ココロカラ, 2020 All Rights Reserved.