キャンプ道具

SOTO【FUSION】シリコンチューブカスタムで火傷防止&滑り止め

投稿日:

sotoレギュレーターストーブFUSION
シリコンチューブ火傷防止&滑り止め
写真

みんなやってるSOTOレギュレーターストーブの定番カスタムといえば、脚にシリコンチューブ履かせるやつですよね(*´∀`*)

今回は、レギュレーターストーブFUSIONにシリコンチューブを履かせてみて「良かった点」や「もっとこうすれば良かった点」をご紹介します。

レギュレーターストーブのド定番カスタムといえば「シリコンチューブ」

キャンパーなら誰もが知ってるSOTOレギュレーターストーブの定番カスタムといえば、五徳にシリコンチューブ装着ですよね。

実はST-310を使用している時にはシリコンチューブを履かせていなかったのですが、ときどき間違えて使用後熱くなった脚を触ってしまうことがあったので、FUSIONにはシリコンチューブを履かせてみることにしました。

結論からいうと最高です!最&高です!!

「なんでこんな素晴らしいアイディアさっさと取り入れなかったんだろう」と、過去の自分を責めたのはいうまでもありません。だって、熱せられたST-310の脚を思いっきり握りしめて火傷したのは1度や2度ではありませんでしたので。。(ついついやっちゃうんですよね…)

このカスタムがド定番になるほど多くの人に支持される理由が、今更ながらやっとわかりました(*´∀`*)

シリコンチューブの履かせ方

用意するもの

  1. SOTOレギュレーターストーブFUSION
  2. シリコンチューブ
  3. 滑りやすくするもの(食用油 等)

1.SOTOレギュレーターストーブFUSION

もちろん主役のFUSIONがないとはじまりません(笑)

しかしまぁ、スタイリッシュだし使いやすいし、本当にいい買い物だったなぁ(*´∀`*)

2.シリコンチューブ

用意した4本のシリコンチューブ

筆者は延長五徳を購入した時に付いてきたシリコンチューブをそのまま使わせて頂きました。(多分ダイソーのエアチューブ)

参考記事SOTO【FUSION】延長五徳プチ改造でシェラカップも安定!

1本の長さは10cmです。

シリコンチューブと定規

シリコンチューブはダイソーの観賞魚用エアチューブでも大丈夫だけど、もっと分厚くてより安全で丈夫なものも人気ですね。

あまり知られていない気もしますが、実はSOTOの公式サイトではSOTOの刻印の入った「レギュレーターストーブ専用アシストグリップ」が販売されています。

ST-310用に「アシストレバー+アシストグリップ」のセットはAmazonや楽天でも入手することができますが、「アシストグリップ」のみの販売はSOTOの公式サイトだけになっているようです。

3.滑りやすくするもの(食用油 等)

ネットで調べると「無水エタノールを使用するといい」との情報が複数あったので、夏にハッカ油スプレーを作った時(詳しくはこちら)に余った無水エタノールを使用しましたが、正直、無水エタノールだとあまりうまく滑らず、かなり苦戦しました。。

もしこれからシリコンチューブを履かせる方は、食用油を使用することをオススメします。

シリコンチューブの取り付け方

①シリコンチューブに数滴食用油等を垂らす

シリコンチューブの油入れるところ

チューブの内側に数滴、食用油を垂らします。

※筆者は無水エタノールを垂らしましたが、食用油の方がオススメです。

②五徳に差し込んでいく

シゴくようにグイグイとチューブを押し込んでやります。

チューブが最後まで入ったら、親指と人差し指・中指の爪でチューブのケツを引っ掛けてグイッとやるとやりやすいはずです。(無水エタノールの場合はこれも結構きつかったです。。)

③火が直接当たらない高さになるまで押し込んで完成

FUSIONにシリコンチューブを装着した完成写真

シリコンチューブに耐熱性能があるといっても、さすがに直火には耐えられるはずもありませんので、火が直接当たらない高さまでチューブを押し込んで調節します。

FUSIONの場合はシリコンチューブがFUSIONの五徳の半分ちょい上の高さになるまで押し込んだら完成です。

シリコンチューブのメリット・デメリット

メリット・デメリット

【メリット】
シリコンチューブを装着してよかった点

  • 火傷しにくくなる
  • 五徳が冷めなくても持って動かせる
  • 滑り止めになる
  • 履かせたまま収納可能

やっぱり多くの人がやっているカスタムには、これだけの支持を得る理由がちゃんとあるんだなぁと思いました。

レギュレーターストーブを使っている人なら、1度は熱いのに間違って五徳を触ってしまったことがあると思いますが、五徳にシリコンチューブを履かせることで、もうその心配とは無縁になりますよ。

【デメリット】
シリコンチューブを装着してイマイチだった点

  • 装着がちょっと大変(無水エタノールのせい…だと思っている。。)

シリコンチューブを履かせることで生じるデメリットって、多分ないと思います。値段も数百円程度でできるカスタムだし、1度取り付けたらずっとそのままでいいし。

強いていえば、取り付ける時の潤滑剤を無水エタノールにしたせいで、五徳に入れ込む時に指が痛くなるほど大変だった。。これからシリコンチューブを取り付ける方は是非食用油をオススメします。

レギュレーターストーブを購入したらまずはシリコンチューブを履かせよう

火傷にバイバイ

SOTOレギュレーターストーブFUSIONもしくはST-310を手に入れたら、まずはシリコンチューブを履かせてカスタムしましょう。

気をつけているつもりでも、意外と熱くなった脚をギュッと握ってしまう人は多いんです。(筆者の周りだと定番の火傷w)
野外で火傷や怪我をすると、せっかくのキャンプが台無しになってしまいます。

快適に安全にレギュレーターストーブを使うために、レギュレーターストーブ購入と同時にシリコンチューブも入手しておく位で丁度いいかもしれませんね!

こちらもオススメ【FUSION ST-330】SOTOの分離型バーナーで鉄板の輻射熱も怖くない!
こちらもオススメSOTO【FUSION】延長五徳プチ改造でシェラカップも安定!

   

-キャンプ道具
-

Copyright© ココロカラ, 2021 All Rights Reserved.